青空と高層ビル

東京のバーチャルオフィスの活用法とは?法人口座や登記にも役立つ

バーチャルオフィスを利用して最低限の先行投資で東京で起業しよう

黒い椅子のミーティングルーム

起業のアイデアが複数あり、どれを選んだらいいのか分からない場合は、先行投資が少なくて済むものから手掛けてみてはいかがでしょう。使える資金がどれほどあるにせよ、起業すると何かと想定外の出費がかさんで、予想より早く資金が目減りするのが普通です。いくつか起業のアイデアがある場合、どれが金の卵になるかは、やってみるまで分からないものです。最初から一つのビジネスに多額の先行投資をするのは、賢明とは言えません。先行投資を可能な限り抑制する有効な方法として、バーチャルオフィスの利用が考えられます。起業にあたり、いきなり立派なオフィスを借りて高い賃料を払う代わりに、まずはバーチャルオフィスで住所と電話番号だけを格安の利用料金でレンタルする。その間、自宅で仕事しながらビジネスの内側をしっかり練るという作戦です。プロモーションなど、対外的な活動のためには、事業用の住所と代表電話番号を使って堂々と自分の事業をアピールし、新規顧客や取引先の獲得に努めます。名刺記載の住所が東京の有名な場所であれば、初めて会う人へのブランドアピール度も高く、より信頼を獲得しやすくなります。最低限の初期投資で起業して、うまく行きそうなものの目星がついたらそこに大きく投資する。バーチャルオフィスを使えば、こんなやり方も可能です。

News