青空と高層ビル

東京のバーチャルオフィスの活用法とは?法人口座や登記にも役立つ

東京のバーチャルオフィスを活用して無駄な家賃を払わずに独立しよう

指示を出す人

東京では、一般の住居用物件と事業用物件とを問わず、およそ賃料というものが非常に高くつく土地です。その一方、独立する場所として東京を選ぶ人は非常に多く、オフィスを構える際には、この高い賃料が一つの大きなネックになっています。この問題に直面している方におすすめしたい方法の一つが、バーチャルオフィスを利用することです。バーチャルオフィスとは、東京都内の一等地にある事業用物件の住所ならびに固定電話番号を、利用料を払ってレンタルできるオフィスサービスです。東京で独立するのであれば、まず東京に自宅用の物件は確保しているでしょう。バーチャルオフィスを利用する場合は、まずリアルの職場は自宅とし、そこで仕事をします。そして、対外的には、バーチャルオフィスでレンタルした住所を、職場住所として使用します。このやり方では、例えば、仕事に関係した郵便物のやり取りをどうすればいいのかという疑問が湧いてくるでしょう。その点は心配無用で、レンタル住所あてに届いた郵便物は、自宅など指定の住所に転送してくれるサービスがあります。電話についても同じ対応をお願いすることができます。仕事が、自宅で問題なくこなせるようなものなら、無駄な家賃を払わずに独立できるバーチャルオフィスを使うのがおすすめです。

News